au「xperia UL SOL22」「ホーム画面」をカスタマイズ

ELECOM au Xperia UL(SOL22)用 液晶保護フィルム エアーレス加工 指紋防止・反射防止 PA-SOL22FLFA

ホーム画面は、壁紙やテーマの変更だけでなく、アプリのショートカットやウィジェット、フォルダといったコンテンツを任意に配置できるという特徴がある。日常的にアクセスするホーム画面だからこそ、扱いやすいようにカスタマイズしてみよう。

sponsored link


ホーム画面の枚数変更と並べ替えの方法

1・「ホーム画面メニュー」を表示

ホーム画面の何もないロングタッチして「ホーム画面メニュー」を表示しよう。

・ホーム画面を追加する

「ホーム画面メニュー」の上部では、現在の「ホーム画面」構成が確認できる。初期設定では、5面のホーム画面構成だが、一番左または一番右の面を表示中に画面をフリックすると「+」アイコンの表示された面が現れる。この「+」をタップすると、ホーム画面を1面追加できる。

3・ホーム画面を削除

不要な面の削除も可能だ。面の右上に表示された「×」をタップすることで、表示中の面を削除できる。

4・メインのホーム位置を変更する

「ホームキー」を押して表示される「ホーム画面」だが、そのメインは構成された5面のうち、中央の設定されている。メインの位置を入れ替えたいなら、メインにしたい面を表示し、面の左上に表示された「家」のアイコンをタップすることで切替えられる。切替を行うと画面位置を示すインジケータのアイコンも変更される。

ショートカットを配置する

1・「ホーム画面メニュー」を表示

お気に入りのアプリがあるなら、ホーム画面に「ショートカット」を作成すると起動が楽になる。まずは、ホーム画面の何もない部分をロングタッチして「ホーム画面メニュー」を表示させ、画面下部の「アプリ」をタップする。

2・「アプリ」をタップして選択

「アプリ」をタップすると、画面下に「ショートカット」設定できるアプリアイコンが並ぶ。なお、設置できるアプリのアイコンの多くは隠れているので、アプリアイコン部を左右にフリックして表示を切り替えよう。

3・「ショートカット」の設置

さっそく「ショートカット」を設置してみよう。表示中されたアプリアイコンをタップすると、アプリのショートカットが表示中のホーム画面があるなら、あらかじめその面を表示しておこう。

4・より細かなショートカットの作成

「アプリ」を開いて表示された「ショートカット」をタップすると、さらに細かなショートカットが作成できる。たとえば、「アプリ」→「アルバム」で作成したショートカットなら、「アルバム」が起動する。一方、「アプリ」→「ショートカット」→「アルバム」で作成したショートカットは、保存された音楽データの「アルバム」を指定できる。

ウィジェットを設置する

1・「ホーム画面メニュー」の表示

ウィジェットとは、ホーム画面上で起動するグラフィカルユーザインターフェース(GU)のこと。まずは、ホーム画面の何もない部分をロングタッチして「ホーム画面メニュー」を表示させ、「ウィジェット」をタップする。

2・対応ウィジェットの確認

「ウィジェット」をタップすると、実際に設置できるウィジェットのサムネイルが表示される。隠れているウィジェットもあるので、左右にスライドしてウィジェットを確認しよう。

3・ウィジェットの設置

設置したいウィジェットが見つかったら、タップしてウィジェットを設置しよう。なお、ウィジェット名の右にあるマークは設置サイズを意味する。ホーム画面のサイズは有限なので、設置目安にするとよいだろう。

ウィジェットのサイズを変更する

Android OS 4.1の特徴の1つが、ウィジェットサイズの変更に対応したこと。すべてのウィジェットなら設置時にサイズの変更が可能だ。

コンテンツの位置を変更

1・コンテンツをロングタッチ

本末端は購入時の状態でも、ウィジェットやアプリのショートカットが設置されている。面という限られたスペースを効率よく利用するためにもコンテンツの位置を変更してみよう。まずは、移動させたいコンテンツをロングタッチし、移動かの状態にしよう。

2・コンテンツを移動する

コンテンツをロングタッチすると、本体が震え、アイコンに緑色の下地が表示される。これがコンテンツの移動可能状態だ。任意の場所にドラッグ&ドロップしてコンテンツを移動させよう。もちろん、面の移動にも対応。面を移動する際は、左右に表示された面の一部に載るようにドラッグ&ドロップしよう。

コンテンツを削除する方法

1・削除するコンテンツをロングタッチ

ホーム画面に配置されているコンテンツを削除したい場合は、該当するコンテンツをロングタッチし、移動可能状態にする必要がある。

2・コンテンツを削除

移動可能状態になると、画面下部に「ゴミ箱」アイコンが表示される。ドラッグ&ドロップして削除しよう。なお、コンテンツの移動&削除は「ホーム画面メニュー」の表示時だけでなく、通常のホーム画面も行える。

フォルダを作成してショートカットを整理整頓

1・「フォルダ」の作成

ホーム画面がアプリのショートカットで埋まって使いにくい場合は、「フォルダ」を作成して管理してみよう。まず、「フォルダ」の作成はアプリのショートカットを重ねることで作成できる。移動可能状態となったショートカットを、まとめたいショートカットにドラッグ&ドロップしよう。

2・フォルダ名の設定

はじめてフォルダを作成する際、「新規フォルダの作成」が表示される。入力フォームに管理しやすいフォルダ名を入力しよう。入力後「完了」をタップ。

3・フォルダ内を確認する

フォルダ内にショートカットを入れる事ができたら、今度はフォルダの中身を確認してみよう。フォルダをタップするとフォルダ内が表示され、収録してコンテンツにアクセスできるようになる。作成したフォルダに新しくショートカットを入れたい場合は、手順1を参考に、今度はフォルダに対してドラッグ&ドロップすればよい。

4・フォルダ名の変更

一度作成したフォルダのフォルダ名は、フォルダをタップして聞いた状態で「フォルダ名」部をタップすることで変更できる。