Android6.0アップデート後の発熱・電池の減りについて【Xperia Z5】

スポンサーリンク






xperia z5

どうやら4月19日のアップデート後から本体の発熱とバッテリーの減りが著しく減る現象が改善されていないようです。とくに「Xperia Z5Premium」の不具合報告が上がっています。

厄介なのが、初期化してもアプリを消去しても改善されない場合です。しかも、なにも触っていないのに、どんどんバッテリーが減ってしまうのが特に問題です。

改善方法として幾つか試すことがあるので箇条書きしておきます。

  • アプリの暴走を解除
  • 稼働時のプロセスに負荷がかかりすぎているアプリ
  • 再起動
  • SDカードの入れ差し
  • SDカードの交換
  • 初期化
  • 充電時に電源を切る
  • 強制ボタンを押し起動したら再度強制終了ボタンを押す

アプリの暴走問題は、消費電力チェックアプリを使用して、調べますが私の場合では、「PhotoAnalyzer」というアプリがバッテリーの消費が以上でしたので、特に必要なかったので消去しました。

あとは、GPS・Wi-Fi・Bluetoothの常時オンは、バッテリーの消費を促しますので、必要ないときはこまめに消すのをおすすめします。

その他にPCに接続し、「PC Companion」で修復し1から作り直す方法もあります。



シェアする